「きれいごと」で行動できる社会を、『未来をつくる道具 わたしたちのSDGs』

未来をつくる道具 わたしたちのSDGs

川廷昌弘さんのご著書『未来をつくる道具 わたしたちのSDGs』を購入しました。

川廷昌弘さんとは2018年から2019年にかけて各地の図書館で開催したセミナー&写真展「ジャパニーズ・エコロジー 南方熊楠ゆかりの地を歩く」でご一緒させていただきました。

川廷さんはSDGsの17ゴールアイコンの日本語版の制作に関わり、国内でのSDGs普及事業などを数多く手がけている日本におけるSDGs普及の第一人者。川廷さんはこのご著書の中で南方熊楠の言葉を引用されています。

彼は自分が住む南紀で、「風景を利用して土地の繁栄を計る工夫をするがよい。追々交通が便利になって見よ。必ずこの風景と空気が第一等の金儲けの種になる」と、100年も前にサステナブルツーリズムを伝えています。

川廷昌弘『未来をつくる道具 わたしたちのSDGs』ナツメ社、7頁

私が川廷さんに初めてお会いしたときにお伝えした熊楠の言葉です。
「熊楠とエコロジー」CEPAジャパンの理事さんたちへのレクチャーのために用意した原稿

まだすべては読んでいないのですが、パラパラとページをめくって読んだ中でいいなと思った箇所がこちら。

忖度や無関心があふれる恥ずかしい社会は終わりにしましょう。そして『きれいごと』で勝負できる社会をつくりましょう。『きれいごと』はこれまで、とりつくろったり、からかったりするときに使われてきましたが、これからは使い方を変えましょう。僕も以前は、勇気がなくて世間に忖度した行動をしていました。しかし、これからは未来のために行動することが『きれいごと』です。…そして未来のため、社会のため、だれかのため、何より自分のために、『きれいごと』で行動していきましょう。

川廷昌弘『未来をつくる道具 わたしたちのSDGs』ナツメ社、196頁

SDGsの重要なフレーズ「だれひとり取り残さない」。この言葉も『きれいごと』に聞こえるかもしれませんが、でも、それを実現しなければ、人類の未来がなくなります。

熊野の神様の重要な教えに「信不信を問わず、浄不浄を嫌わず」というものがありますが、これはSDGsの基本理念と通じるものがあります。

あらゆる人々を無差別に受け入れる聖地が熊野でした。また熊野の神様は正直を尊び、嘘をついた者を罰する神様でした。

「差別するな」「嘘をつくな」。こんな言葉も今は『きれいごと』に聞こえてしまうかもしれませんが、この2つは熊野の神様の重要な教えです。

私は『きれいごと』で行動していきたい。

写真展「熊野修験」、世界遺産熊野本宮館にて開催中!

写真展「熊野修験」
再興三十三周年記念写真展「熊野修験」、世界遺産熊野本宮館にて開催、2020年9月1日~30日

9月1日から世界遺産熊野本宮館で始まった写真展「熊野修験」を見に行きました。

熊野修験再興33年を記念して開催された写真展です。

明治新政府により修験道が禁止されたのが明治5年(1872年)。熊野修験が復活したのが昭和63年(1988年)。廃絶されてから116年を経ての復活でした。

その途絶していた歳月の長さに、明治政府による熊野信仰の破壊がどれほど徹底的なものであったのかを思い知らされます。

写真展「熊野修験」は、写真家・森武史さんが、熊野から吉野を目指す大峯奥駈などに取り組む修験者たちの姿を20年にわたって撮影したものを展示しています。修験者たちとともに長年峰入りしている方だからこそ撮れる写真でした。

写真展「熊野修験」
写真展「熊野修験」

素晴らしい写真がたくさん。ああ、ここ歩いたことあるな、とか昔を思い出したり。

写真集も9月1日に発行されたので、熊野や大峰が好きな方はぜひ!

ヒナノシャクジョウの花

ヒナノシャクジョウ
ヒナノシャクジョウ

今日見かけたヒナノシャクジョウ。花を咲かせていました。

極々小さな花。

ヒナノシャクジョウ
ヒナノシャクジョウ

ヒナノシャクジョウは腐生植物。光合成せず、菌類に寄生して生きる植物。